@ompugao_ blog

hello this wonderful world

I wrote a wiki using git as a backend

gollumというのがあるのは知っているけれども、前に使ったときは日本語ページが作れなかったりして、 どうにも気にくわなかったので書いた(書いてる)。

https://github.com/ompugao/whim.git

とりあえず形にはなってる気がする。

TODOとしては

  • update/createで新しいページに移らないようにする
  • 全文検索
  • ファイル名のインクリメンタル検索
  • 編集時に画像やpdfをupload可能に
  • mathjax.jsいれる
  • ソースコードの色づけ

くらい。まぁ(一部除き)すぐできるでしょう。 履歴を遡れるようにするのって必要かなぁ…個人的には不要。

pull requestお待ちしてます。

追記:

これを書き始めたころに@masuidriveさんがwri.peを書き始めてて、しかもだいぶ上位互換っぽくて悲しみ。 ちくしょー。

まぁgitがbackendなやつが欲しかったのでいいんです。

追記2:

さっきwri.peみたらDropboxにbackupがとれるようになってるじゃないですか…

ひぃ.

build libuv on ubuntu (kernel 3.x)

mruby-uvを使いたい
libuvをubuntu preciseにインストールしようとするもエラー
→ READMEにはkernel 2.6系をsupportすると書いてある
→ 試しにdebian squeeze(kernel 2.6.x)でbuildしたら動く
→ ふむkernel 2.6系でないとダメか
→ kernel コンパイル
→ nvidiaまわりで不具合
→ \( ‘ω’)/ウォァァァァ
→ libuvってそんなにkernelに食い込んでるのか?
→ エラーログをぼーっと眺めつつ、なんとなくconfig-unix.mkの

ifeq (linux,$(OS))

ifeq (Linux,$(OS))

にしてみる
→動くじゃんorz

implement mruby xmlrpc client

初mruby gem → https://github.com/ompugao/mruby-xmlrpc-client.

test書いてないしssl対応してないしそもそもauthentificationほったらかしだしで、まだちょっと残念な感じだけれど まぁとりあえず動いたので公開してみます。 自分が使う分にはこれで事足り(ゲフンゲフン

a = XMLRPC::Client.new("localhost","",8080)
begin
    100.times do |i|
        a.call("michael.div",i+7,i+4)
        puts i
        Sleep.sleep 1
    end
rescue RuntimeError => e
    puts e
end

みたいなのを走らせると30回目くらいでGCが走ってセグフォるんだけれど, どう対処すればいいんだろう?

move rosvim.vim from gist to github

You can guess from the title that I move rosvim.vim from gist (https://gist.github.com/ompugao/3851056) to github (https://github.com/ompugao/ros.vim.git).

change n charactors

Type like:

4s

I’ve always typed like “4xi”… So embarassed as one of vim users…

disable auto character conversion when editting tex on vim

When you edit a latex file, vim automatically change the view.

Like this (the expression is a list of arbitrary figures, Sorry).

This annoies me somewhat.

Q. How to disable this function?

A.

:help g:tex_conceal

I set this line in my .vimrc.

let g:tex_conceal = ""

There are options which characters vim converts or not. You can choose one or some of following options.

a = accents/ligatures
b = bold and italic
d = delimiters
m = math symbols
g = Greek
s = superscripts/subscripts